トップ > merikuson BLOG

2012年03月08日

막걸리 (これ読める?)

先日 ある患者さんが「最近 マッコリ(막걸리)飲んだら 便通が良くて〜」と言われていたので気になっていたのだが、すっかり忘れていて この前来院された時に またまた思い出し、「ところで 何処のマッコリ飲んでるの?」と聞くと「元祖 源一郎さんの生マッコリ言うて、凄く美味しいし身体にええ〜みたいなんよ!」と言われたので 速攻で買いました。(笑)


便秘は無いのですが、胃腸が元々弱く 乳酸菌なら 腸に良いだろうとの思いで。。。


DSC00109.JPG

DSC00111.JPG


一昨日 届き 飲みましたが ホントに美味しかった!!

便も なんかいつもは柔らかいのですが 良い感じの固さ(笑)

昨日も飲んだのですが、一昨日よりも 発酵が進み 昨日より美味しい!

この勢いだと すぐ無くなりそうです!


これまた乳酸菌について調べると こんな記事が・・・


乳酸菌飲料を取っていれば腸の健康はホントに安心?

いいえ。口から入れた乳酸菌は胃酸や胆汁(消化液)により、大半が死滅するといわれています。
たとえ、口から入れた乳酸菌が腸まで辿り着いたとしても、既に住み着いている腸内細菌(定住菌)と勢力争いを起こし、かえって悪玉菌の勢力を拡大することさえあります。
口から入れた乳酸菌の効果を上げることはとても難しいのです。



基本は 美味しいから飲む! 健康のために飲む!は。。。。


今 インフルエンザの予防に効くとか アレルギーに効く とか色々な乳酸菌製品が流行っていますが多くの日本人はすぐそういったモノに飛びつきますからね〜

今話題の 占い師に引っかかってもおかしくないな〜(苦笑)





posted by merikuson at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

花の効用〜

書ける時に たくさん書こうと 続いて更新〜


先日から 患者さんの 〇〇さんに お庭に咲いた 様々な お花を頂き、受け付けに飾らせてもらっているのですが、お花があると 何か違います!

2週間前はこちら


DSC00106.JPG

山桜と蘭?の一種・・・


先日は


DSC00115.JPG


これまた調べてみると

フラワーセラピーというモノが有る。


フラワーセラピーとは、花のエネルギーを使った癒しのこと・・・
私たちが、水や養分を花に与えるように、花たちも人間の心身の健康を保つ働きをしてくれるのです。

あなたは、何かうれしいことがあった時、反対に少し疲れ気味だったり、落ち込んだりした時にふと「花を買って帰ろうかな・・・」と
思ったことはありませんか?

花屋さんのウィンドウをのぞいたり、ご近所や散歩道など「あっきれいだな〜」と感じる花はありませんか?
それだけですでに花たちからのパワーを受け取っているのです。

花が部屋にあるだけで、気分がパーッと明るくなったり、リラックスできたり、やさしい気持ちになったり
した経験があると思います。



チューリップは心と体のバランスを整えると書いてあります。

来院時 必ず 黄色いチューリップを見て帰って下さいね!


しかし。。。。花言葉を見ると・・・


黄色いチューリップの花言葉


黄色いチューリップの花言葉に、想いを託します。


春の太陽のように明るく暖かいイメージで人気のある黄色いチューリップは、まさに春の花壇の主役ともいえる。

しかし、花言葉は、そのイメージには不似合いな「かなわぬ恋」や「名声」

その昔、子宝に恵まれない女の人が、魔法使いからもらった大麦の種を植木鉢にまいたところ、きれいなチューリップのような花が咲いた。その花びらにキスすると、花がぱっと開き、中に小さな姫が座っていた・・・というのは、かの有名なアンデルセン童話の「おやゆび姫」。

その花の色は、赤と黄色であったとか・・・。
posted by merikuson at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

やめられない とまらない・・・

ここ最近 武術の稽古日以外は毎晩帰りが11時頃で忙しすぎてブログの更新が滞っていましたが、久しぶりに こんな時間に手が空いたのでブログ更新〜

先日来られた患者さん 特にいつもと変わりないです〜 と言われていたのだが 身体を診ると何故かいつもよりお腹が張り、右の肩が凝っている。

「いつもとちょっと身体の状態が違うけど何かしました?」っと聞くと、

「特に変わったことはしてないが、この2週間 禁酒している。」と。

禁酒でこんな感じにはならないので「他には?」と聞くと、

「酒を飲まないので ついつい 柿の種を ボリボリと食べすぎてる〜」



これか!(多分)



やめられない とまらない と言えば、こちらだが。。。





確かに柿の種もとまらなくなる気持ちはわかる。(笑)

その方 料理人なので、 なぜそうなるのか? 詳しく説明してくれた!(笑)

気になったので 調べました。


1923年(大正12年)、新潟県長岡市摂田屋町の浪花屋製菓の創業者今井與三郎が、うっかり踏み潰した小判型煎餅の金型を元に直せずそのまま使用したところ、歪んだ小判型のあられになったことが誕生の発端である[1]。商品名は得意先の「柿の種に似ている」との一言から付けられた。

ピーナッツが入れられるようになったきっかけには諸説ある[1]。一つは帝国ホテルの酒場がサービスとしてナッツを出す際、日本らしさを出すためピーナッツに柿の種を混ぜたのが始まりというものである。1955年にはピーナッツが混ぜられ始めたという。もう一つは亀田製菓の直売所で創業者の妻が店番をしていた際、思い付きでピーナッツと柿の種を一緒に食べてみたのが始まりというものである。いずれにせよ、1966年に同社がピーナッツ入りのものを初めて商品化した。



もち米は 身体に良いと思っている方が多いと思いますが ニキビや湿疹の出来やすい人、のぼせ、蓄膿症、慢性気管支炎、アレルギー体質、便秘の人は多食しないようにする必要があります。


この方 蓄膿もあり、禁酒を止めてもらう事にしました〜(笑) ただお酒も飲み過ぎは駄目なんですけどね。。。




posted by merikuson at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月26日

わび・さび って?

広島美術館で 今 上田宗箇展をやっているので期間中に 絶対 行きたいと思っているのですが、先週 お茶を習っている方が来られたので その話しで盛り上がり よく言われる 【わび・さび】を簡単に言ったらどういうことなんですか?って聞いたら、わかったようでわからなかったので調べました。



侘(わび、侘びとも)とは、動詞「わぶ」の名詞形で、その意味は、形容詞「わびしい」から容易に理解されるように「立派な状態に対する劣った状態」となる。転じては「粗末な様子」、あるいは「簡素な様子」を意味している。もっと端的にいえば「貧しい様子」「貧乏」ということになろうか。本来は良い概念ではなかったが、禅宗の影響などもあってこれが積極的に評価され、美意識の中にとりこまれていった。

侘に関する記述は古く万葉集の時代からあると言われているが、「侘」を美意識を表す概念として名詞形で用いる例は江戸時代の茶書『南方録』まで下り、これ以前では「麁相」(そそう)という表現が近いが、千利休などは「麁相」であることを嫌っていたから必ずしも同義とは言い難い。「上をそそうに、下を律儀に(表面は粗相であっても内面は丁寧に)」(山上宗二記)。強いて言えば「priceは高くないが、qualityは高い」という概念になろうか。茶の湯では「侘」の中に単に粗末であるというだけでなく質的に(美的に)優れたものであることを求めるようになったのである。この時代、「侘び」の語は「侘び数寄」という熟語として現れる。これは「侘び茶」の意ではない。侘び茶人、つまり「一物も持たざる者、胸の覚悟一つ、作分一つ、手柄一つ、この三ヶ条整うる者」(宗二記)のことを指していた。「貧乏茶人」のことである。後の千宗旦の頃になると「侘」の一字で無一物の茶人を言い表すようになる。ここで宗二記の「侘び」についての評価を引用しておこう。「宗易愚拙ニ密伝‥、コヒタ、タケタ、侘タ、愁タ、トウケタ、花ヤカニ、物知、作者、花車ニ、ツヨク、右十ヶ条ノ内、能意得タル仁ヲ上手ト云、但口五ヶ条ハ悪シ業初心ト如何」とあるから「侘タ」は、数ある茶の湯のキーワードの一つに過ぎなかったし、初心者が目指すべき境地ではなく一通り茶を習い身に着けて初めて目指しうる境地とされていた。この時期、侘びは茶の湯の代名詞としてまだ認知されていない。ただし宗二は「侘び数寄」を評価しているから、侘び茶人が茶に親しむ境地も評価され、やがて茶の湯の精神を支える支柱として「侘び」は静かに醸成されていったのである。

侘は茶の湯の中で理論化されたが、「わび茶」という言葉が出来るのも江戸時代である。特に室町時代の高価な「唐物」を尊ぶ風潮に対して、村田珠光はより粗末なありふれた道具を用いる茶の湯を方向付け、武野紹鴎や千利休に代表される堺の町衆が深化させた。彼らが「侘び」について言及したものがないから、彼らが好んだものから当時醸成されつつあった侘びについて探るより他ない。茶室はどんどん侘びた風情を強め、張付けだった壁は民家に倣って土壁になり藁すさを見せ、6尺の床の間は5尺、4尺と小さくなり塗りだった床ガマチも節つきの素木になった。紹鴎は備前焼や信楽焼きを好んだし、利休は楽茶碗を創出させた。日常雑器の中に新たな美を見つけ茶の湯に取り込もうとする彼らの態度は、後に柳宗悦等によって始められた「民芸」の思想にも一脈通ずるところがある。

江戸時代に多くの茶書によって茶道の根本美意識と位置付けられるようになり、侘を「正直につつしみおごらぬ様」と規定する『紹鴎侘びの文』や、「清浄無垢の仏世界」とする『南方録』などの偽書も生み出された。

また大正・昭和になって茶道具が美術作品として評価されるに伴い、その造形美を表す言葉として普及した。柳宗悦や久松真一などが高麗茶碗などの美を誉める際に盛んに用いている。その結果として、日本を代表する美意識として確立した。

岡倉天心の著書The Book of Tea(『茶の本』)の中では“imperfect”という表現が侘をよく表しており、同書を通じて世界へと広められた。
寂 [編集]

寂(さび、寂びとも)は動詞「さぶ」の名詞形で、本来は時間の経過によって劣化した様子(経年変化)を意味している。転じて漢字の「寂」が当てられ、人がいなくなって静かな状態を表すようになった。同様に金属の表面に現れた「さび」には、漢字の「錆」が当てられている。英語ではpatina(緑青)の美が類似のものとして挙げられ、緑青などが醸し出す雰囲気についてもpatinaと表現される。

本来は良い概念ではなかったが、『徒然草』などには古くなった冊子を味わい深いと見る記述があり、この頃には古びた様子に美を見出す意識が生まれていたことが確認される。室町時代には特に俳諧の世界で重要視されるようになり、能楽などにも取り入れられて理論化されてゆく。さらに松尾芭蕉以降の俳句では中心的な美意識となるが、松尾本人が寂について直接語ったり記した記録は非常に少ないとされる。

俳諧での寂とは、特に、古いもの、老人などに共通する特徴のことで、寺田寅彦によれば、古いものの内側からにじみ出てくるような、外装などに関係しない美しさのことだという。具体的な例で挙げられるのは、コケの生えた石がある。誰も動かさない石は、日本の風土の中では表面にコケが生え、緑色になる。日本人はこれを、石の内部から出てくるものに見立てた。

このように古びた様子に美を見出す態度であるため、骨董趣味と関連が深い。たとえば、イギリスなどの骨董(アンティーク)とは、異なる点もあるものの、共通する面もあるといえる。寂はより自然そのものの作用に重点がある一方で、西洋の骨董では歴史面に重点があると考えられる。


いまいちよくわからん・・・





これを見ると 少し わかったような気が。。。

来週日曜日に確認してきます〜

上田.jpg
posted by merikuson at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

足半(あしなか)の鼻緒が切れた。。。

ここ最近 ずっと忙しく ブログの更新が週一になっていますが、今日は休みを満喫! と言っても朝7時から昨晩11時まで事務仕事をした残りを朝7時から行い、3ヶ月ぶりに髪を切りに行けて(苦笑)それから 合気道の稽古 帰りに いつもの塩サウナと 相変わらずの休みの必勝パターンでしたが・・・

先週金曜日 ずっと履いていた 足半(あしなか)の鼻緒が切れてしましました。

足半(あしなか)とは、

こちらのブログを参考に & 当院では某勉強会で知り合いの松田先生の こちらの足半を取り扱っています。

http://www.asinaka.jp/

以前の記事

http://sasaki-s-s.sblo.jp/article/41530337.html

それはそうと 鼻緒が切れると不吉な予感。。。って言うので 丁度 娘の入試の合否発表の日だったので。。。速攻で娘にメールをすると。。。


「今日 発表で 明日 速達で結果がわかるらしい!」との事。


で〜 ネットで 調べてみると・・・

下駄の鼻緒が切れると不吉だと言われますが、実はそうでもないようです!昔、亡くなった人を埋葬する時、墓地の土を踏んだ草履には死霊がつくと考えられ、その場で草履を脱ぎ捨てる習慣がありました。その時、死霊が草履を履いて追ってくるのを恐れ、履けないように鼻緒を切って捨てたのです。鼻緒が突然切れるのは何かの前兆、「虫のしらせ」かもしれません。そうでなければ、鼻緒が切れるた時は厄が落ちた時と解釈するのが良いでしょう。



と言うことは ラッキー!! で 次の日 結果が。。。

親にとっては ラッキーでした!(笑)

詳しく知りたい方は 直接来院時 お聞きください。(笑)


DSC00099.JPG
posted by merikuson at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月19日

セミナー月間無事終了〜

今年初めから京都・大阪と2週続けてセミナーへ行き1月最後の日曜日は東京へ。。。

2月も第一週は大阪 連休はじめの土曜日に芦屋 そして今日大阪と この7週間で6回セミナーへ ほとんど病気。。。(苦笑)

これでしばらくは・・・ゆっくり出来そうです!

今日はロシア武術システマのセミナーだったのですが、今回 参加した理由は 鞭を買える唯一の機会だったから!

実は 鞭で治療できるんです!

今日のセミナーでは 鞭を使った様々な技をやりましたが 下の動画のような治療が出来ます〜

鞭治療希望の方はお申し出ください〜

まだ手加減がわからないので、多少 アザになるかも知れませんが 気持ちいいです!(笑)

刺激慣れしたどちらかというとM系の方はオススメです!



http://www.youtube.com/watch?v=NVgK0M9jAZQ








posted by merikuson at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月15日

2012年02月14日

長いけど興味がある方は是非見て欲しい〜(笑)

昨日 今日は 雨の影響もあり 久しぶりに 早く仕事が終わりと言っても10時前ですが・・・家に帰り ネットで色々見てました。(閑人。。。)

またまたFacebookネタですが何となく興味がありそうだったらこちらの映像を見てください〜

この考え方が あなたのお役に立つのであれば。。。(笑)



30分見られますか〜

あらら。。。時間が過ぎたら見られないようですね。。。

こっちは見られるのか〜




posted by merikuson at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月12日

久しぶりの完全休養日。

世間は3連休だったようですが、(3連休では無かったですね〜 普通に当たり前に土日の休みだったのですね。。。うちでは土曜日が普通に診療なので土曜日休みは何となく気分は3連休〜(笑))昨日は芦屋で呼吸法中心塾へ参加。

その後 観照塾へ参加する予定だったのですが どうやらお休みだったらしく 今日もセンタリング呼吸法セミナーが有ったみたいだったのですが日程変更を知らず 昨日はそのまま帰る予定にしていたのですが、折角大阪まで来たので 勿体ないと思い、来週セミナーがあるシステマ大阪のダニールリャブコ氏セミナーの会場を確認しようと天六に行きました。

するとたまたま システマ大阪スペシャルクラスが開催されており 1時間弱ですがトレーニングに参加させてもらいました〜。(ラッキー!!)

で〜 今日は 完全休養日でしたが 相変わらず 色々な事が忙しく 午前中は 仕事場へ行き事務仕事 & 掃除(普段出来ないので。。。)

お昼から 合気道の稽古

その後 帰り道に いつものシーレで塩サウナ!久しぶりに完全休養日を半分満喫(笑)

1月からずっと仕事も忙しく セミナーが 自分へのご褒美で 勉強 & 休養 になっていましたが(苦笑)今日は本当に良いお天気で 気持ちよく過ごせました〜


ただ ネットを見ていたらWhitney Houston が亡くなったとのニュース。。。

死ぬまでに 絶対一度は コンサートに行きたいと思っていたのですが・・・

同い年で 22才頃 この曲を聴いて Whitney Houston のファンになりましたが あの当時の楽しかった & 色々考えていた時代を思い出します。




他の方はこちらが印象に残っていると思いますが、僕はこの曲が一番ですね!



関係ないけどトムクルーズも同い年。。。



完全休養日を増やして 節目手前の体調を整えなければいけないのかも知れません〜


posted by merikuson at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月06日

2〜3年に一度の電話。(笑)

昨日は大阪へ研修 今月は結局 3週連続大阪研修が決定し(勝手に自分が決めるのですが。。。)4週連続研修会で12日の日曜日だけ完全休養日ですが、昼からは久しぶりの合気道の稽古に参加予定。

昨日は初参加の勉強会でそれもカイロプラクティック関係の研修会なので誰も知ってる先生はいないだろうと思っていたのですが、超懐かしい先生(5〜6年ぶり?)にお逢いでき懇親会まで一緒にお話しできました。他にもここ最近 ずっと顔を合わせる先生や4〜5年ぶりの先生にも逢うことが出来ました。

研修会に行くと 相変わらず自分の勉強不足を感じ 講師の薦められる持っていない本を数冊買ってしまいます。(苦笑)

今回は 生理学の本と免疫学の本 数冊。。。


それはそうと 今日は2〜3年ぶりに学生時代(専門学校時代)の先輩から電話がありました。その先輩は 高知に住んでいるのですが、毎回 その先輩は 仕事に疲れた時に大体電話があり 今日もそうでした〜(笑)

でもその先輩とは 30年前(もう30年前だ〜怖ろしい。。。) いつも学校が終わった後に 食事をよばれたり、一緒に銭湯へ行ったり、バイクが大好きだったので 六甲山へタンデムで走りに行ったり(暴走族ではなく走り屋でもなく ただのバイク好きの先輩に連れられて行っただけ。。。)この先輩との出逢いがあったから 大阪での一人暮らしが充実した毎日が送れたと思っています。

ありがとう〜 ○○さん!!

普段 めんどくさがり屋なので 電話が大嫌いなのですが この先輩とだけは長々と話してしまいます。

最近の近況や 家族のこと その他ここ最近の勉強のことなど色々です。

昨日から 懐かしいことが多くて。。。

先日の後輩のお母さんの来院もそうです。

段々 歳を取ってきたということでしょうか。。。(苦笑)

30年前その先輩の弟とも何度か逢って今日 その弟のHPを教えてもらいました。

それを見ると 30年前と変わっていなかったので 笑いました〜(笑)

髪切り小僧 はなチャン

ここのブログで 久しぶりに先輩の家族も見ることが出来ました。

http://www.87chan.com/blog/blog/index_2.html

便利な世の中です!

先日も 一人暮らしの親のために 金沢から広島の親が住んでいる近くの治療院を探し うちを見つけて「子供がインターネットで検索して お宅に行けと言われた。」ということで来院された方が2名もいました。

やっぱり情報を発信することの大切さを学びました。


こうやってクダラナイ ブログやHPも大事なんだな〜と思う今日この頃です。。。



posted by merikuson at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ