トップ > merikuson BLOG

2012年01月06日

相変わらず忙しい〜

4日から仕事始めでしたが、おかげさまで 忙しいです。ただ診療の忙しさよりもやはり雑用が忙しい。。。

掃除はすっかり終わったので、もう大丈夫なのですが、他の様々な事務仕事が溜まりに溜まって。。。

息抜きに 最近 いつものFacebookを見るのですが、またまた面白い記事発見。

過去ログに 【忙しい】について少し書いたのですが、今回の記事(本?)は具体的でした。



『忙しい人』と『仕事が出来る人』の20の違い


私の周りには、『忙しい人』と『仕事ができる人』がいます。忙しい人は、いつも「忙しい、忙しい」を口癖のようにしています。他人が見ると、何でそんなに忙しいのかが分からなかったりするのですが(仕事の成果から見ると)、本人は忙しいのでしょう。忙しいと言うことが、その人のモチベーション理由のように感じるくらいです。

それと比べると、仕事ができる人は、他人から見ると何かゆったり、自分のペースで仕事をしているように見えるが、結果として大量の仕事を行ったりしている。みなさんの周りにもそんな『忙しい人』と『仕事ができる人』はいないでしょうか?


『忙しい人』と『仕事ができる人』は何が違うのかという事を、仕事の仕方の違いを通してまとめてみました。(今回は、忙しい人にならない為の時間管理術は省いた内容です。それは、このエントリが好評でしたら、また別のエントリでご紹介させて頂きます。)




@『忙しい人』は、「忙しい」と周りに言えば、「カッコイイ、頑張っている」と他人が評価してくれると思っている。『仕事ができる人』は、「忙しい」と周りにに言うことは、「無能の証明」だと思っている。



A『忙しい人』は、終了時間への認識が甘い。(なんとなく終わったらいいな〜的な)『仕事ができる人』は、絶対にここまでに終わらせるというスケジュール意識が強い。


B『忙しい人』は、納期意識がギリギリ。(納期寸前で作業にとりかかるので、その仕事のみに集中してしまう為に効率が悪い。)『仕事ができる人』は、前倒し。(納期より随分前から作業に取りかかるので、2つ以上の仕事を同時並行処理したりする効率の良い仕事の仕方ができる。)


C『忙しい人』は、せっかくスケジュールを作っても、緊急事態・トラブルで乱れっぱなし。 『仕事ができる人』は、緊急事態・トラブルでスケジュールが乱される事がほとんどない。


D『忙しい人』は、いきなり仕事にとりかかり、仕事完了に近くなった時点で「仕事の目的と最終完成物」を考える。『仕事ができる人』は、仕事の始めに「仕事の目的と最終完成物」を明確にして仕事にとりかかる。







これを全てみると 。。。 やはり 忙しい人のようです ふらふら
posted by merikuson at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52948313

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ