トップ > merikuson BLOG

2011年11月20日

博多研修無事終了〜

先月末から 東京 大阪 博多と 秋は色々と毎年研修が多いのですが、今回もシステマの研修



ロシア公認 東西ダブルインストラクター!!



『大西亮一/アンドリューセファイ



システマワークショップin九州2011』開催!



【日時】:2011年11/19(土)&11/20(日) の2日間



【会場】:11/19(土)熊本公徳会武道場(熊本市上通町2番31号 びぷれす熊日会館6階)

      http://z-kk.org/

     11/20(日)福岡ももち体育館(福岡市早良区百道2丁目3番15号)

      http://www.sports-fukuokacity.or.jp/info_facilities/gym_list/momochi/index.html



【講師】大西亮一(システマ大阪代表)

5歳で剣道を始める.その後も剛柔流空手、柔道などの経験を積んだのち、武神館武道体術を始め、2000年、滞在していたイギリスでロシア武術システマと出会う。英国在住中はValeri Raizanov等に師事し、Mikhail Ryabko, Vladimir Vasiliev, Sergei Ozherelievをはじめとするセミナーに参加。2006年、約12年過ごしたイギリスより帰国。2007年9月初来日したMikhail Ryabko, Vladimir Vasilievの両マスターより日本人初の公認インストラクターの認可をそれぞれから受け、同11月よりシステマ大阪代表、現在に至る.



【特別講師】アンドリュー・セファイ Andrew Cefai(システマジャパン代表)

5歳で柔道を始める。その後も剛柔流空手、ムエタイ、体術など様々の武術の修行し、様々な経験を積む。しかし、自らが探し求めるものが何なのか、見つけ出すことが出来ずにいた。

2000年、彼はシステマとウラジミール・ヴァシリエヴに出会う。システマを体験した人の多くが語るように、彼にとってもまたシステマは人生が変わるような体験であった。システマは人それぞれにとって異なった様相を見せるが、その学ぶ理由に応じて、学ぶ人に変化を促がし、成長させてくれる力を持っている。アンディにとってシステマは生きていく上での、肉体的、生理的、精神的なあらゆる面で、よりよく生きるための道具であり、かつ目的となった。今、彼はシステマに出会ったことで良き師、良き友とめぐり合えた幸運に感謝し、その輪が広がっていくことを望んでいる。



【講師からのメッセージ】

“より快適に動くために” "moving in your comfort"
コンバティブな状況だけでなく、生活の中でも使っていけるシステマ式姿勢のあり方、身体の動かし方を軸に練習します。グランドワークをたっぷり織り混ぜながらシステマの動きの概念を基礎からカバーしていきます。ナイフの数が足りれば、ナイフ・ワークもする予定ですので練習用ナイフをお持ちの方はご持参ください。




土曜日の晩から 仕事を終え 懇親会のみ参加し いつも泊まるカプセルホテルに泊まりワークショップ参加!


メチャクチャ 勉強になりました。

武術が上手くなるためではなく、この身体の使い方 呼吸のあり方が 出来れば より快適に日常生活を過ごす事が出来る可能性があるからです。

自分自身のためと これを治療に生かす事 そして 患者さんのために学んでいます。(多分 (^_^;) 趣味の要素が強いのかも知れませんが。。。)

今回は 

・歩く事

・呼吸

・筋力で身体を使わない事

・システマ式 内臓マッサージ

・身体を動かさずに重心の移動







などなど 色々な気づきがありました。


これらをしっかりと自分の身体で体現できるようにしたいと思います。

博多駅 メチャクチャ 綺麗でした! 広島駅も こうなって欲しい〜



004.JPG

002.JPG

広島で一緒に学んでいる友人3人も参加していたのですが 彼らはサウナを予約しておらず、その日に入れるだろうと考えていたようですが たまたま大相撲の影響か日本シリーズの影響かわかりませんが、何処も サウナやホテルが空いておらず、 一人は野宿したそうです。。。今朝は寒かった〜






そうそうこちらの本が 発売されました。



posted by merikuson at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50711047

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ