トップ > merikuson BLOG

2011年08月14日

お盆休み

世間ではお盆休みだが、今年はお盆期間中は 平常通り診療


19日(金)・20日(土)・21日(日) 休診です。



昨晩は久しぶりに合気道の稽古へ 晩9時半頃自宅に帰り それから友人家族が遊びに来て夜中の1時頃まで飲み放題(笑)

今朝は朝から墓参りの予定でしたが、子供達の予定のため夕方に行く事になり、墓参りが無くなったので久しぶりに寝だめしました〜 こんなに寝たのは本当に久しぶりで寝過ぎてしんどい感じ。

お昼過ぎから またまた合気道の稽古に行き 夕方から墓参りへ

そして実家によって食事をよばれ帰宅。

数ヶ月ぶりに仕事場に寄らなかった完全休養日でした。

明日も平常通り 診療  土曜日も 予想外に忙しくビックリしましたが、明日は流石に15日 多分 暇?かな〜

ところで お盆って 何?と思ったので調べました。


先祖や亡くなった人たちの霊を祀る行事、またはその期間。旧暦7月15日前後で行われることが多い。現在では、8月13日から16日までの4日間が一般的である。関東の一部などでは7月13日から16日4日間の場合もある。


お盆の概要

正式名称は「盂蘭盆会(読み:うらぼんえ)」。

先祖や亡くなった人たちが苦しむことなく、成仏してくれるようにと、子孫が、報恩や追善の供養をする期間を「お盆」と呼ぶ。特に、人が亡くなって49日法要が終わってから最初に迎えるお盆を初盆(はつぼん)または新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)と呼び、家の門口や、お墓に白一色の提灯を立て、初盆以外のお墓には白と赤の色が入った提灯を立てるなど、特に厚く供養する風習がある。現在は、関西では8月の13日から16日までの4日間を指すことが多い(関東の一部などでは7月13日から16日までの4日間を指す場合もある)。

13日の夕方に迎え火を焚き、先祖の霊を迎える。
期間中には僧侶を招きお経や飲食の供養をする。
16日の夕方、送り火を焚き、御先祖さまに帰ってもらう。

キュウリとナスビに割り箸を刺して馬と牛に見立てた精霊馬(しょうりょううま)を飾る地域もある。

キュウリは馬の例え
お盆のときに、少しでも早く迎えられるようにとの願いを表現。
ナスは牛を表現
お盆が終わって、帰るときはのんびりと。

posted by merikuson at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47367112

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ