トップ > merikuson BLOG

2011年04月10日

メディカルNLP 東北地震チャリティーセミナー参加

今日は。。。というかもう昨日ですね〜

夕方6時30分頃仕事を終え、 広島市西区民センターで 【メディカルNLP 東北地震チャリティーセミナー】へ参加しました。

本当は5時からだったのですが、遅れて 7時30分頃から参加

今回のテーマは 昨年 11月に行った 【スライトオブマウス】の詳しいバージョン

スライトオブマウスについては こちらのHPに詳しく書かれています。

http://blog.goo.ne.jp/kitaguchi-tamuraclinic/e/f03c797201a6bd804efd63c964e14a46

http://right.nlpfield.jp/article/22898340.html

http://www.coretransformation.jp/000006.php

http://ameblo.jp/nlp-coach/entry-10502218581.html


今回のセミナーに関して 妙見法術の活法指導者 肘井先生は


4月9日の広島のセミナー内容は良く解りませんが、
スライトオブマウスは主に固定観念を取り除くというセミナーみたいですが、
可能であれば私肘井が参加したいくらいです。

というのは、人間は固定観念があるから生きていけるし、友達づきあいも
含めて、出来るし、生活や仕事がなりたっていえるのです。

それは親だったり、教師だったり、社会であったり、師匠であったりと
良くも悪くも学習や勉強で固定観念がなりたっています。

でも時には、今以上のレベル(自己成長、技術、個々の経済、仕事)に
なるためには、常に固定観念をつけつつ、それを壊していかないと
出来ません。

それが中々難しいのです。自分の一人の力や知識では中々出来ないのは
武術や治療の世界と同じです。

特に私肘井が習ってる、月辰流はそうです。いつも固定観念と浅い思考を
打破するための稽古と言っても過言ではありません。

古流の武術はそういう、色んな面が稽古になるのですが、
固定観念があるために技がかからないのです。
身体が動けないのです。そして出来ないでまた少しへこみます。

出来たら、また次の課題で稽古になるので、
出来たら出来たら、それを捨てないといけない。
何故なら、その技の理合(術理=理論)とは正反対に技もあるので、
固定観念があって一つの技にとらわれてはいけないので、
いつも出来ない自分がいます。


古流の武術はそういうものです。

そしてその固定観念をとるスライトオブマウスをこの料金で
習えるので、参加の先生はなんとラッキーではありませんか!!

行ける先生は参加してはどうですか??治療だけではなく、奥さんや子供
ともより以上に上手くいくかも!!(^O^)


と書いていましたが、僕自身は 今まで学んできた NLPのスキルと特に変わったモノはなく驚きは無かったのですが グループでのフィードバック等があったので 学びは たくさんありました。


最大の学びは〜



やはり 懇親会からの情報 !!



今回は セミナー修了後 横川駅近くの 情熱ホルモンへ

http://www.j-horumon.com/index.html

年のせいではありませんが、これでもか〜というくらい 肉が出てきて最後の方はうんざり気味〜。(4000円のコース?)

決して美味しくなかった訳ではないのですが、もう少し 美味しいお肉を 少量 食べたかったです。(笑)

15人の参加者のうち 広島からは たったの4人参加で その中のお一人 ○○先生と一緒の席になり 色々 盛りだくさんの情報交換が出来ました。

勉強会での最大の学びは 懇親会での 裏情報〜(笑)

同じテーブルで関西グループの先生とも 名刺交換し 知り合いの輪が広がりました〜

本当は 名刺交換等は 嫌いで 普段 名刺を持たないのですが、こういう場では これが当たり前のようなので 最近やっと こんな感じのしきたりに慣れてきました(苦笑)



posted by merikuson at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
行かれたんですね〜。。ぼくは前回の「爆睡」で懲りたので行かなかったです。。
Posted by よしはら at 2011年04月11日 15:49
よしはらさんへ

コメントありがとうございます。今回は座学は少なく グループワークが中心だったので寝てる暇がありませんでした。(笑)

Posted by merikuson at 2011年04月11日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44224227

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ