トップ > merikuson BLOG

2010年07月20日

へんくう半生記「鍼の先生は 牧師さん?!」

道元.jpg

先日 柔整学校(整骨・接骨・ほねつぎ)時代の同級生 と言っても5才年上なのですが・・・ その先輩から暑中見舞いをもらい その中に 先輩が本を出版した事が書かれていて 早速 アマゾンで取り寄せ 今日着いた。

まだ中身を全部読んでいないのだが、パラパラとめくると、凄くその内容にビックリした!!

その先輩とは もう10年近く 会っていないが 息子が鍼灸師になり一緒に仕事をしていることもビックリしたが、お父さんが亡くなられた後の苦労は 全く知らなかった。

お父さんが亡くなられた事は知っていたのだが、その後に そんな大変なことがあったなんて。。。

前回 会った時は すでに 牧師さんになられ 礼拝の後 一緒に家族で食事をした時だったと思う。


学生時代は 同郷で 色々とお世話になり その後 姫路東洋医学研究会に誘っていただき 10年以上 通ったのはこの先輩のお陰だ!!

少しは 本の中に 僕の名前も出てくるかと思ったが。。。 無かった(笑)


広島の人は 【へんくう】 って意味は わかると思いますが、他府県の人はわからないだろな〜

【へんくう】とは 偏屈(頑固の意味合いもあるかな) の事です。

初め 牧師になったと聞いて やっぱり この先輩 変わってる〜と思いましたが 本を読んで 納得!!実際に会った時に、なんでなったのか聞いたのですが その時はピーンっときませんでしたが、本を読むと なる運命にあったんだな〜っと思いました。


こんな本に興味を持つような 【へんくう】な人は 是非一読を!!わーい(嬉しい顔)



 
posted by merikuson at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39732688

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ