トップ > merikuson BLOG

2012年05月18日

理不尽なこと

今日 来た 野球部の高校生 監督が某有名野球部出身でメチャクチャ厳しく 理不尽なことが多くついて行けない〜と訴えていた。

元 弱小野球部出身の僕ですが、僕らの時代の(もう30年前ですが。。。)野球部は理不尽なことは当たり前で、先輩にいつも 理不尽な事で センター レフト・・・などと言われ意味不明なことで走らされていました。連帯責任で!

ノックでエラーをすると また最初からとか、練習中は 水を飲んだら×で隠れてトイレで飲んでいるのを見つけられると もう大変でした〜(笑)

弱小野球部でさえこんな感じでしたから 強豪校は。。。。

それに耐え抜いたモノだけが生き残れる世界を経験すると 社会に出た時 少々 理不尽な事があっても耐性ができます〜。

この理不尽な事が 決して良いことだとは思いません。

おかしい!とは思います。ただ社会に出た時 理不尽な事が あまりにも多いことも事実です。



この高校生には そんなことを言いながら、


「もし暴力等(この暴力も色々な暴力があるので難しいのですが。。。傷害行為や陰湿な虐めなど理不尽を通り越したと考えられるモノ。)があればそれは 問題だけどそうでなければ 野球部は(それ以外の強豪と言われるクラブでは・・・多分)当たり前の世界じゃけ〜 それが嫌ならやめりゃ良いじゃん!」


って言うと 「野球が好きなんで〜」と。


「いまじゃけ〜 思うけど 30年前 こんな理不尽な事があったけど それが笑い話になりこの経験から 少々理不尽な事があっても 上手く対処できとるけ〜 ここで耐えることができたら強くなれるよ〜」と その彼に言った。


今どきの時代では そんなことはあり得ん〜という事にもなるかも知れないが、その経験をしたモノにしかわからない感覚がある。(苦笑)


彼が 今の理不尽な 状況に 上手く対処し残りの野球部での経験を精一杯頑張って欲しいと思う。


【不条理】
 筋道が立たないこと。

【理不尽】
 強い力を持った者が一方的に主張を通すこと。


よく使われる例、

「人の世の不条理さ」・・・世の中における、正しい・正しくないの理屈が通らないさま。

「{あの顧客/父/先生}の要求は理不尽だ。」・・・{顧客/父/先生}であるという強い立場から、あまりにも厳しい要求を突きつけてくる。






posted by merikuson at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ