トップ > merikuson BLOG

2011年09月02日

嵐の中を。。。

今日は晩から ロシア武術 システマの練習日 夕方 6時頃には仕事を終えて 安佐区民スポーツセンターへ行く予定だったのですが、一年に一度程度(苦笑)東京から出張のついでに来院される患者さんが5時半に予約が入り、テコンドーで股関節を痛め なかなか治らないので、普段のケアとトレーニング方法などの指導をしながらの施術で 結局 7時前まで時間が掛かり、それから 台風の中 片付けは明日の朝 早めに行って やるつもりで 単車で7時過ぎに出発〜


時折 突風が吹き 倒れそうになる中で 段原まで 走ったところで 20年前の 台風19号を思い出しました。。。

あの時 台風の最中 単車で 死ぬ思いをして自宅に帰った事を!


平成3年台風第19号(へいせい3ねんたいふうだい19ごう、国際名:ミレーレ〔Mireille〕)は、1991年(平成3年)9月に発生し、日本列島に甚大な被害を与えた台風である。別名「りんご台風」。


1991年9月16日にマーシャル諸島の西海上で発生し、9月23日にはフィリピンの東海上で中心気圧925hPa、最大風速50m/s(100knot)の大型で非常に強い台風となった。9月26日に宮古島の東海上で北東方向に進路を変え、9月27日に長崎県佐世保に上陸し、山口県をかすめたあと日本海上を猛スピードで進み、翌日朝に北海道に再上陸した。台風は北海道に上陸後、オホーツク海へ進み、同日15時に温帯低気圧へと性質を変えて、日本から遠ざかった。

九州上陸時の中心気圧940hPaは、昭和46年台風第23号以来約20年ぶりで、1951年の統計開始以後では史上5番目に低い(2005年現在)。北海道再上陸時の中心気圧は955hPaであった。さらに、台風が勢力を保っていた上、日本海を速い速度で北上する最悪な進路を取ったため、各地で暴風が吹き荒れた。阿蘇山で最大瞬間風速60.9m/s、広島市で58.9m/s、輪島市で57.3m/s、青森市で53.9m/sを記録するなど、最大瞬間風速は26箇所、最大風速は12箇所で観測記録を更新した[2]。非公式ながら、鹿児島県下甑島の航空自衛隊ヘリ基地の観測で、27日の13時過ぎに最大瞬間風速88m/sを記録した[3]。日本全土に被害を及ぼし、死者62名、負傷者1,261名が出た。保険支払額は、史上最高の5,679億円に達した[4]。

なお、国際名Mireille(ミレーレ)はこの台風限りで使用中止となり、Melissa(メリッサ)という国際名に変更された。



映像はこちらを

http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005400199_00000&keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480

平成3年は丁度開業した時で 20年前。

あの日 普通に 仕事をしていたのだが 夕方 急にひどい風と雨で 一気に これはもしかして大変かも〜 という感じで その時 確か クラブで腰?を痛めた女子高生を診ていた時に停電 それから しばらく 色々と その子と世間話をしながらお母さんが迎えに来るのを待っていた。暗闇の中〜(苦笑)。。。 しばらくしてお母さんが迎えに来てくれて助かった。

それから単車で自宅に帰ったのだが 東雲から その当時 牛田に実家があったので牛田まで帰ったのだが 途中 何度も突風で 飛ばされそうになり 大変だった!

広島では 台風と言えば 19号の記憶が思い出される。

多分 僕の人生の中で 一番の身近な最大級の自然災害だった。

20年前 あの台風の時 うちに缶詰になった 彼女は 今何処でどうしているのやら〜

確か17才?だったから 今 37才?

あの当時の事は 彼女は 覚えているのだろうか???

もしこのブログを 奇跡的に 読んだら 是非 来院してください〜

カルテを探しまくったら 多分 あるのだろうけど そんな元気はないし こちらからは連絡できないからね〜 


結局 途中で引き返し 仕事場に戻って 片付けと 事務仕事を行って自宅に帰りました〜。。。ふらふら

posted by merikuson at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ