トップ > merikuson BLOG

2011年06月29日

こんな方もいらっしゃるんだ〜

先日から 肩の痛みで来院されてる女性の方

お歳のわりには非常にパワフルでオシャレだし、パソコンも完璧に使いこなしFacebookもされてるそうで、うちにもネットで検索し来院された。

只者では無い〜と思っていたが、やはり只者では無かった!わーい(嬉しい顔)

今日来院時この方のサイン入りの本を頂いた。

ビックリ!!どんっ(衝撃)

005.JPG

003.JPG


ネットで調べると・・・

田中さんが被爆されたのは、小学校1年生の時。投下されたとき、牛田という場所にいました。爆心地の近くです。あまりのまぶしさに腕で目を隠した際、腕と首と頭にやけどを負ってしまいました。田中さんはその体験は周りに語らずに長年来られたそうです。その後20歳からデザインの道へ進み、これまで多くの七宝焼きの作品をつくられてきました。これまで作品の中にも、被爆体験から平和を伝えるメッセージを隠して入れて来られたとか。しかし、語れる時間は限られていることに気づき、50年たった時、原爆をテーマにした作品を製作し、表現をしようと決意されたそうです。

  ピースボートの旅でも、船内だけでなくエクアドルやベネズエラで積極的に証言活動をされてきました。「外国でこんなに一生懸命聞いてくれるとは思わなかった」と現地での反応を話してくれました。

  そんな田中さんにとってピースボートは、これまで語ってこなかったヒバクシャが語り始めた、まさに「ピースボートマジック」が起こった旅だったと言います。


http://ameblo.jp/hibakushaglobal/archive1-200910.html

肩が痛いのに「5月にアメリカの高校生に被爆体験を伝えて来た!」と言われてた意味がやっとわかった。

少しでも早く良くなるように 頑張りたいと思います!

posted by merikuson at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月27日

わくわく森のあるきかた

昨日 紹介をするのを忘れていたのだが、 阿部氏の3冊目の本が公開されました。阿部氏も出来上がりの本を初めて昨日見たそうで、前の日に当院へ宅配便で到着。

封を開ける事無く 昨日ご対面〜


【わくわく森のあるきかた】

007.JPG

009.JPG

012.JPG

今回は絵をプロ?の方に頼み パステル画で載せられています。

メチャクチャ綺麗です〜

本の内容は まだ全部読めてないので。。。また暇な時に・・・

あと2冊は 在庫あり 4200円です。

posted by merikuson at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月26日

仁〜JIN〜最終回

ほとんどこの番組は見ていなかったのだが、妻が必死に見ていたので途中途中を少しだけ見ていた。

今日が最終回だったのだが 毎回見ていなかったので 全く 流れがわからない。。。

http://www.tbs.co.jp/jin-final/

実は 僕自身は こちらのドラマにハマッて こちらは毎週録画!

心の闇を探るは、昔流行った 【笑ゥせぇるすまん】のパクリ? でも 面白い!

セールスマンの喪黒 福造(もぐろ ふくぞう)が現代人のちょっとした願望をかなえてやるが、約束を破った場合または忠告を聞き入れなかった場合にその代償を負わせる一話完結のオムニバス形式。この作品の本質は単なるブラックジョークではなく、喪黒がオチで発するセリフが示すように、“うまい話には用心せよ”という警鐘的・寓話的な意味合いを兼ねている。また、人間の本質であるいい加減さ、愚かさ、弱さが描かれた物語が多い。また、それぞれの物語のお客様として起用される声優は山口勝平、塩沢兼人、増岡弘、キートン山田、肝付兼太、など第一線で活躍したベテランが多い。
喪黒福造とそのセールス [編集]

喪黒は「魔の巣」というバーに出入りすることと、小田急線沿線に在住していること以外の私生活すべてが謎の男性。作者曰く、喪黒兄弟は人間ではない存在だという。 また、喪黒のふてぶてしい容貌はタレントの大橋巨泉からヒントを得ている[1]。なお、この作品は後にアニメ化されるが、後述の通りモデルとなった大橋巨泉が司会のバラエティ番組『ギミア・ぶれいく』の枠内で放送された(詳細は「アニメ」の項を参照)。

客に対して「ココロのスキマ、お埋めします」というキャッチコピーが書かれた名刺を差し出し自己紹介する。キャッチコピーの「、」は後に「?(ハートマーク)」に変わった(アニメでは第45話以降)。なお、『黒ィせぇるすまん』ではキャッチコピーの代わりに「友愛事業団 外務主任」という肩書きが記され、ドラマ版では原作の喪黒の顔が刷られている。ちなみに名刺の材質はウォータープルーフである[2]が、アニメ第7話「ナマケモノ」ではサウナの湿気のせいで湿って皺が寄っている。また、アニメSP作品「今仁見手郎の秘密復讐計画表」ではスチール製であり、これのおかげで喪黒は命拾いする[3]。

喪黒は一回だけという約束で主人公のつかの間の夢を叶えてやる。金銭は一切要求しないが、その代わり主人公に守るべき条件を提示する(後から忠告を入れる場合もある)。

セールスマンという名目上、常に敬語で喋り、口を開いてにやにや笑っている[4]。お客や読者をおどかす時は「バア」と叫ぶ。基本的に表情を変えることはないが、アニメ第59話「愛妻弁当」では主人公が捨てようとした弁当を口にしたところ、あまりの不味さに顔を青ざめ苦しがり、アニメ第65話「はしご酒」では主人公に無理やり酒に付き合わされ、目を回しながら倒れるという描写が見られた。原作第33話「夢に追われる男」では客の夢の内容に口をあけて大笑いしている様子が見られる。また、顔とは関係ないが、足の裏に関してはアニメ第80話「小指のコヨリ」で見ることができる。黒ずくめの服装をしているが、靴下の色は白である。

一人称は「私」で、普段はです・ます調の敬語で話す。笑い声は「ホーッホッホッホ」。
オチとお客様 [編集]

客のほとんどはその夢に欲望を惹起され、喪黒との約束を破り(忠告を無視し)、あるいは喪黒にもう一度夢を叶えてくれるよう懇願したことによって、最後には喪黒に顔面を指差され、「ドーン!!!!」という呪文とともに奈落の底に突き落とされ悲劇的な結末を向えることとなる[5]。もっとも、一見悲劇的に見えても本当に悪い結果であるとは言い切れず、客にとってはむしろ喜ばしい結果とも言える、と作者の藤子不二雄Ⓐがコメントしている[6]。

原作・アニメともに、初期は喪黒の呪文によってつかの間の夢を励起された客が欲望のままに暴走して自滅に至るパターンが多かったが(つまり初期の喪黒の呪文は、客の夢を叶えるための呪文だった)、やがて客が喪黒との約束を破ったがために、ストーリーの最後で呪文を浴びて破滅するパターンが圧倒的に多くなった。また、"お金は一切頂きません"と無料奉仕をモットーとしているが、話によって金を請求したこともある(アニメ第7話「ナマケモノ」他)。

お客様の対象となるのは成人男性が多く高齢者も対象となるが、時折成人女性も対象となり、一度だけ男子高校生が選ばれたこともある。SPでは小学生がお客様となった話が存在する(アニメ第SP話「今仁見手郎の秘密復讐計画張」、「ワニオの怪奇料理」など)。

なお、少数であるが、物語の結末が他の悲劇的な話とは異なる作品があるほか、喪黒の呪文を受けたことで客にとってはむしろ喜ばしい結果と見える話もあった。ただし、あくまでも破滅しなかったというだけの話で、本当に良い結果であると断言はできない(アニメ第27話「重役と窓際」、アニメ第35話「愛妻写真」、アニメ第56話「極楽風呂」、アニメ第77話「ホームレスのすすめ」、アニメ第88話「永遠のすみか」、アニメ第90話「ブルー・アイ・ジャパニーズ」、アニメSP「大変愛」、「下り電車への招待」、アニメ第103話「主夫道」など)。アニメ第56話「極楽風呂」においては、喪黒が過ぎ去る際に「私だってたまにはいいことをするんですよ」というセリフで締めくくっている。また、客が喪黒の忠告を聞き入れ、喪黒が客を助けた例や(「夜行列車」)、喪黒自身が自らの約束を破って客を助けた例もある(「ワニオの怪奇料理」)。

喪黒と客とは一期一会の関係であるが、アニメ版の第2話「イージー・ドライバー」と第52話「安心カプセル」の2話においては同一人物が登場し(原作でも同姓同名だが同一人物であるとする明白な描写はない)、喪黒によって2度も破滅してしまうという結末を迎えている。アニメSP「湯けむり哀歌」では、アニメ第1話「たのもしい顔」の主人公を始め、他の話の主人公や登場人物たちが高校の同窓として次々と再登場している。

大抵は財産的・精神的な破滅に陥ったり、進退窮まったり、動物や化け物にされたりすることが多いが、単なる遅刻をしたり、家族に怒られたりする程度の軽い物で済むこともある。さらに重大な物では、殺人などの罪を犯す、身体欠損、果ては廃人と化したり死亡してしまうこともある。変わったパターンでは、老婆に裸の状態で抱かれたり(『たのもしい顔』)、愛人が膣痙攣を起こした挙句体がくっ付いた状態で救急車に運び込まれたり(『手切れ屋』)、ナマケモノと化して精神病院への入院を余儀なくされる(『ナマケモノ』)といったものもある。物語の最後は、不幸のどん底に陥れられた客を見届けた喪黒の一言と「ホーホッホッ・・・」という高笑いで締めくくられる。

客が死亡、傷害または殺人及び身体欠損するという最も悲劇的なラストになっているのは以下のエピソードである


僕のはまっているドラマ

http://www.ytv.co.jp/shitsuren-hoken/index.html

『四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険〜告らせ屋〜』


posted by merikuson at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

講演会 無事終了!

今回 この講演会をやって頂く企画を立て 少しでも多くの方に参加してもらいたいと思い、知り合いの方に広告をお願いしたのだが2回有料日刊メルマガに広告文を出してもらったのだが全く反応が無かった。。。。有料

http://www.hiro-emaga.net/

結局 いつも集まるメンバーに 約一名 不定期に参加される方がいらっしゃり少人数での開催となった。

残念だが仕方ない。

なんで広島の方はこんなに反応が無いのか〜と思いつつ、阿部耕也の認知度と、広告文のキャッチコピー等の不備など様々な要因があったとは思うが、阿部耕也を味わうには、やはり少人数が良いのかも知れない!

009.JPG


今回 何故『旅人、あべこうやの生き方とふれる』という講演会題名になったのか?!

実は僕自身は 今回の震災を体験されその事によって 何がどのように変わり どういう考え方の必要があるのかを全面に押し出すため それを強調する題名のほうが人が集まると思ったのだが、阿部耕也氏の意見を尊重し この題目にした。

今回 大勢の方が来た場合は 話の内容を変えたと 阿部氏は言われたが、多分 話の内容は違うが伝えたかったことは同じだと思った。


今回の講演のキーワードは

・下宿人のすすめ

・心が澄むとは何か?

・月の満ち欠け

・ドキドキしてあげない!

・心地良い〜 (心が地に落ち着く)

・質の良いパワーを出す

・人生90才設計

・自分にウソをつかない

・ざっくばらん

・被災地で本当に欲しかったモノ (これは面白かった!)

・動くこと! 何故動かない!







今回は少人数もさることながら 紅茶をポットに入れてカバンに入れて持って行けば、ビニール袋に穴が空いていて 釣り銭のお札が紅茶に濡れていたり、お昼に湯沸かしポットを取りに行って単車に括ろうと思ったら ゴムが外れてメガネに当たりメガネがぶち壊れたり 丁度その時間だけ雨が降って、うっとうしい中 カッパを着て 移動したりと色んなトラブルがあったが無事終わり一安心!

震災の事を思うと全く大した問題ではないが、問題が起きても その問題に対して 「ドキドキしてあげない!」事が一番大事!

全てが無事終わり良かった!

ちなみに写真は 紅茶で濡れたため釣り銭のお札を全部出して乾かしてます〜わーい(嬉しい顔)
posted by merikuson at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月23日

文殊菩薩 【卯年生まれの守護仏】

最近 色んな事が忙しくてブログの更新が滞っていますが、先日 患者さんからこんな素敵な仏画を頂きました。

IMG_0590.JPG

元々絵が好きで独学で書いてるそうなのですが、素晴らしすぎます!

何故 文殊菩薩かというと 僕がうさぎ年だから!

十二支守り本尊とは?

人には、それぞれ一生一代の守本尊があり、十二支に基づき八体のご本尊が配され、それを信仰の対象としています。その出所は『三世相大雑書』という占いの古典のなかに明記されています。
本人の生まれ年のそれぞれの十二支に合わせたご本尊の仏像を身近に安置すれば心安らかな日々が過ごせると言い伝えられいます。
また、この守本尊は古来より福を招き、各人の持って生まれた性質の良い点をのばし、悪い点を抑えるよう護っていただける有難い守り仏で、身に付けいると、天恵が受けられます。

卯年生まれの守護仏は、文殊菩薩です。

卯年生まれの守護仏は、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)です。
御仏の姿は、頭髪を五けいにして五智の宝冠を戴き右手に五智の利剣を持ち、左手に書巻を執って蓮華の上に座したり、獅子に乗っている像に作られています。

文殊菩薩の主なご利益

「三人よれば文殊の知恵」といわれるように、世の根本を司る知恵を授けてくれる御仏で、文殊菩薩は普賢菩薩とともに釈迦如来の脇侍として欠くことのできない釈迦三尊像の一つの菩薩となっています。



http://www.jyuunisi.com/sub04.html


僕が勉強会ばかり行ってしまうのは 文殊菩薩さまが守護仏だからかも知れません。。。(笑)

posted by merikuson at 18:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月17日

システマ広島練習会

久しぶりの日記更新ですが、最近 色々な事が忙しすぎて、日記を書く時間がありませんでした。今日は10日ぶりに システマ広島練習会に参加!

今日は この前患者さんから紹介された バイクに乗っての練習参加。

途中 高速を通るので 少し緊張しましたが 何とか無事に 行き帰りできました〜


020.JPG

今週日曜日に納車され やっと慣れてきて 初の遠出。。。。と言っても15キロ程ですが・・・


今日のシステマ練習会では 着いたのが 20分遅れで すでに始まっており 行ってみると、一人を中心に置き みんなが 軽くストライクを入れ ボコボコ状態に〜がく〜(落胆した顔)

少しイメージは違いますが・・・



これは身体の緊張がほぐれ 気持ちよかったです〜 (軽いストライク(パンチ)だったので・・・)

その後 二人一組で ストライクを打ち合い受け流す練習〜

またまた 多分 やられました〜 右の肋骨が ヤバイ感じ。。。もうやだ〜(悲しい顔)

明日以降 2〜3日後の痛みの状態でわかります。肋骨の骨折は その時よりも 少し時間が経った方が痛みがわかりやすいです〜 前回は肋軟骨を痛め一ヶ月以上痛みが引かなかったのですが 今回はどうでしょう〜

自分の身をもって 患者さんの痛みを経験しています。(笑)

その後寝た状態からの様々なやり方〜



まさにこんな感じの練習〜

システマは 大人の子供遊び〜と言うか 楽しすぎます!!

ただ少し 痛い。。。

今日は 右肋骨と右目打撲 寝技練習で 明後日(笑)全身筋肉痛???

本当は 金曜日は 陳氏太極拳の練習日なのですが 今は システマにはまっているのでこちらを優先。

陳氏太極拳の耷路をすっかり忘れてしまいそうです〜もうやだ〜(悲しい顔)

posted by merikuson at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月08日

日本では放送できない 報道できない 震災の裏側 2

身体の不調な方は見ないでくださいね。(この書き方は 良くないのですが・・・)




いつも愛読しているブログで この映像がありました。

http://yutakarlson.blogspot.com/2011/06/blog-post_05.html

この映像と歌詞を聴くと 心が痛くなります。


今回 阿部氏に講演を頼んだ理由は、このメールを読んだからでした。


http://sasaki-s-s.sblo.jp/article/44602797.html


ぼくの友人から送られてきた写真です。彼の出身校だそうで、多くの子供達が津波で流されたそうです。
また昨日ティールームで久しぶりに会った知人は、津波に流されながら掴んでいた孫の手が力尽きた瞬間、スルリと離れてしまい、そのまま濁流に呑み込まれてしまったのを見るしかなかったと、、途切れ途切れに話してくれました。
そんなつらい話しが、ちょっと落ち着いて、あちこちからいっぱい出てきました。
ここはそんな場所です。


この方達がこれから先 この現実を どのように受け止めどのように生きていけばいいのか?


この辺りの事を 阿部氏に聞きたいと思っています。









posted by merikuson at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月07日

阿部 耕也氏 講演会迫る〜

もうすでに6月も7日 あと約3週間弱で 阿部 耕也氏


【旅人、あべこうやの生き方とふれる】

                       
                    の講演会があります。


少しでも多くの方々に参加して頂きたいのですが、阿部氏からこの講演会が少しでも多くの

方々が満足して頂けるよう 提案のメールがありました。



今回の会はご参加者も主催者であられる佐々木さんも、

そしてこの私も満足する様に以下の提案をさせて頂きます。ご検討の上、採用のものがありま

したら、幸いです。



※旅している私はテレビやスクリーンの向こうにいるわけではありません。実物ですからご質

問にお応え出来ます。そこで、日常的な常識から離れて、旅する55歳に聞いてみたいことをあ

からさまに表現されてみて下さい。質問はあらかじめ書留められて、当日聞かれたいことを書

き留められ、そのメモを当日お預かりし、それに付いてお応えします。記名、無記名どちらで

も構いません。




※その質問メモを利用し、対話形式で会を進めて行きます。




※ホワイトボードとかすれないマーカーを用意して下さいませ。




※当日は会場に私がいつも背負うリュックと担いで移動する自転車を持ち込み、自転車は皆さ

んの前で組み立てて見せます。




※提出して頂くメモには悩みや解決したい課題などを書いて頂いても構いません。





旅人こうやからのメッセージ



'自分に旅をおごるあなたはなんて素敵だろう'




一日一生 あべ耕也




お時間の都合がつく方は 是非 来てください!




タイトル

      『旅人、あべこうやの生き方とふれる』

副題

      『寅が旅する処』スクリーンから飛び出した生きてる寅さん。(意味不明ですが・・・(笑))


日にち


       平成23年 6月26日(日) 午前10時〜12時過ぎまで

場所


       アステールプラザ 中会議室

       http://www.cf.city.hiroshima.jp/naka-cs/access/access.html

講演会費

       3000円


定員   

  先着順 35人くらいまで (当日の飛び込み参加 不可)



お申し込み連絡先 


             佐々木整骨鍼灸院

               佐々木 雅康
             
             e-mail masayasu*hicat.ne.jp *を@に変えて連絡して下さい。

posted by merikuson at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月05日

患者さんから紹介されたので〜

最近 合気道とシステマの稽古に行くために 稽古日は毎回 自宅に帰り 車に乗り換え通っています。 前々から 自宅に帰る時間が勿体ない事と 僕自身が 車を使う事で 妻が車を使う事が出来ず 不便だと感じていました。

毎週水曜日の晩 土曜日の晩 日曜日のお昼 熊野や安佐区民スポーツセンターまで通っています。今までは南区スポーツセンターで稽古があったので 楽勝で通う事が出来ていたのですが、流石に15キロの道のりは遠すぎます〜 ましてやその途中 高速道があり 現在載っている 100tでは乗る事が出来ません。

そんなことを「ポロッ」っと患者さんに話していたら 一昨日 患者さんからTELがあり、「先生 安くて良い中古ビックスクーターが入ったらしいけぇ〜見て見んちゃい〜」っと。

早速今日の午前中 見に行ってきました!

傷があるのですが まだ4000キロ程度で かなり良い状態。


前から 今までの不憫さに苦痛を感じていたので 今の通勤用の単車を下取りしてもらい買う事に〜

多分 患者さんから紹介してもらってなかったら 不憫さを感じながらも 多分 今の状態で今のバイクを乗り続けていたと思うのですが、たまたま患者さんから連絡してもらい メチャクチャ破格値のバイクを紹介してもらえたのは やはり 引き寄せ〜(笑)



引き寄せの法則



宇宙のすべて(『見えない世界』と『物質世界』のすべて)に作用する
「宇宙の法則」がある。

この絶対的な「法則」を理解しないでいるのは、ルールがわからないゲームに参加しているようなもので、どうしていまのような目にあうのかわからないために、たいていはゲームから下りたくなるだろうとエイブラハムは言っている。


「宇宙の法則」は3つある。

第一は「引き寄せの法則」、
第二は「意図的な創造の方法論」、
第三は「許容し可能にする術」である。


第一の「引き寄せの法則」とは、

「それ自身に似たものを引き寄せる」ということ。

あなたの「思考」や「感情」にはつねに「引き寄せの法則」が働いて磁石のように似たものが引き寄せられ、実際の「経験」となっている。

朝、気分よく目覚めるとその日は一日楽しく、嫌な気分でいるとその日はいろいろな面でろくなことがない。
何か楽しいことを考えると法則によって同じように楽しい思考が沸き起こり、不快なことを考えると次々と不快な考えがふくらんでしまう。

それが、「引き寄せの法則」である。


あなた自身がそれらのすべてを引き寄せているのであり、例外はいっさいない。
自分が考えていることと、実際に経験することの対応関係をみてみれば、身の回りでこの法則が働いていることは、すぐに理解できるだろう。

重要であるのは、

あなたが望むか望まないかにかかわらず、
考えていることが実現するという点

である。


関心を向け続ければ、望むと望まざるとにかかわらず、それは経験として現れる。

「こんな経験はしたくない」と思ったとしても、その経験は確実に引き寄せられてくる。


自分が「思考」の対象を引き寄せているということを理解すれば、自分の「思考」を監視し、警戒する必要があると考えるかもしれないが、「思考」は監視しきれるものではない。


「思考」を監視しようとするよりも、「感情」に関心を向けること。


「感情」は『内なる存在』から送られてくる素晴らしいナビゲーションシステムである。

あなたの『内なる存在』はいつもあなたにとって一番ためになる見方をしており、あなたの見方がそれに一致すれば肯定的な引き寄せの力が働き、いいことが起こる。

あなたが「いい気分」を感じているにもかかわらず、悪い事が引き寄せられてくることは決してない。


ネガティブでいやな感じがしているとき、あなたは磁石のように「引き寄せの作用点」となって、望まないことを引き寄せている。

「感情」の強さは「引き寄せの法則」によって集積した「思考」の量に比例する。
強い「感情」を引き起こさない「思考」には、最初は大きな磁力はないが、長期間焦点をさだめていれば、「思考」の量が増え、引き寄せの磁力が強くなる。

しかし「感情」を敏感にとらえ、望まない対象からすぐに関心をそらせばまたすぐに心地よくなり、望まないものが引き寄せられるのを防げる。


人生に前向きの変化を起こすには、現状とほかの人たちのあなたに対する見方を無視して、望ましい完璧な状態に関心を振り向ける必要がある。

法則の作用点を変更すれば、人生経験はがらりと変わってくる。
作用点はいつでも例外なくあなたであり、他の誰にも変わりはできない。


ある対象に関心を向け、そのことに明るい前向きな感情だけを覚えるなら、その対象はすぐに経験の中に現れる。
しかし「実現するはずがない」と暗いネガティブな感情を抱けばたちまち願望の実現から遠ざかることになる。

私たちは、いま現在の精神状態や姿勢を基盤にして、そこを元にいろいろなものを引き寄せている。

あなたが日々を生きていく中で、自分がどう感じているかということを敏感に察知することがいかに重要なことであるか理解して欲しい。

あなたが普段から望まないことではなく、経験したいことのほうへ思考を向けるということが、いかに大切なことであるかに気づいて欲しい。


望んでも望まなくてもそれが存在として現れ、私たちは「創造」をとめられない。

それなら意図的に「思考」を作用させ、望むとおりの現実を「創造」をしてみよう。




ただの自己中の法則のような事を言われたりするのですが、 自分が幸せにならなければ人を幸せにする事は出来ない!





世界でいちばん自分を愛して − 3週間で人生が変わる幸せの習慣術

日本文芸社版 2011/04

これは「愛のコーヒーカップ」という、もう20年前からわたしが大切にしている考え方を理論と実践編を合わせて分かりやすく書いたものです。相手のコーヒーカップが空だからとコーヒーを注ぐのをちょっとやめて、目の前の自分のカップが空っぽだったら、まずは自分のカップにコーヒー(愛)を満たしましょう、というもの。 とても簡単に頭に入る考え方なのに、それを実践するのにとても時間がかかる人がいます。途中空回りしてあきらめそうになる人がいます。 そこで数年前に山吹色の小冊子「愛のコーヒーカップ(理論編)」を作りました。今度は実践編も加えて、これ一冊でコーヒーカップの魔法が効くようにと思って書きました。 執筆中に、大震災がありました。 それで世の中がガラッと変わりましたね。大変な時期だからこそ、今、この考え方を本を通して皆様にご提案できるタイミングを嬉しく思っています。 これから私たち日本の人たちは、国内で、海外で、大変なチャレンジを乗り越えていくことになるでしょう。まず自分をしっかり愛で満たし、その愛を周りに広げていくというプロセスで、一人ひとりが持っている力を取り戻し、悲しみを分かち合い、未来の希望を語り合うことができるのだと思います。 この本のピンク色の帯には 「自分をもっと大切にすると、幸せはやってくる!」 とあります。 そして、帯の裏には・・・・ 「まずは自分から」でいい。 いつも誰かを優先し、自分を後回しにしていては幸せはやってこない。人生には罪悪感も反省も苦労もいらない。人が幸せになるために必要なのは、ただただ、自分を愛することだけ。 あなたはどう思われますか? 書店で見かけたら是非手に取ってみてくださいね。  中野裕弓


http://www.romi-nakano.jp/index.html

あまりの自己中では周りは大変ですが、周りの幸せを考慮しながら自己中をする事が出来れば最高です?!


大きなバイクが 少しだけ 治療所の前に置かれて 邪魔に感じるかも知れませんが(謝) m(_ _)m お許しを。。。。

posted by merikuson at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月04日

ホッと一息〜

患者さんから頂きました〜

庭に咲いていた 額紫陽花 を わざわざ持ってきてくれました。ぴかぴか(新しい)

001.JPG

ガクアジサイは日本固有の種類で、房総・三浦半島・伊豆半島・伊豆諸島・小笠原等の沿海地に自生するということです。その他、野生状態で見られるところもあるようですが、石川県でも加賀市の加佐ノ岬のタブノキ林やクロマツ林下などに見られます。この地は、かつての北前船の里であるので、本来の野生であるかどうかは疑問もありますが、道路沿いや海食崖の険しい崖にも野生状態で多数生育しています。

このガクアジサイの普通花がすべて装飾花に変わったものが、栽培されているアジサイだと言うことです。 ガクアジサイの名は、花序の周縁を装飾花が額縁(がくぶち)のように取り囲んでいることから付いたものです。装飾花の花弁のように見えるものは、萼だということです。
 

posted by merikuson at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月01日

システマ練習会

今週も 何とか予定通りに仕事を終える事が出来、システマ練習会へ参加する事が出来ました。

インストラクターの土江さんは先週末 マックスセミナーに参加し 自分自身のまだまだ出来ていない部分を再確認されたようで、今回は そのセミナーでやったトレーニングを中心に練習。。。







やはり基本は


呼吸


姿勢



4原則の一番 大事な部分を徹底的に行いました!

今週初めに FMはつかいち に出演された タオリスト協会会長のO先生も マックスセミナーに参加し ブリージング・ウオークの大事さを痛感したそうです。




http://ameblo.jp/washi-12/entry-10908729716.html

マックスセミナーの内容について こちらに詳しく書かれています。

http://plaza.rakuten.co.jp/jedimasterkazu/diary/201105300000/




この中で一番 大事だな〜と思ったのは、




常に自分のからだと心理面をスキャンするということです。

どこに緊張があるか常に気をとめ、緊張を発見したならそこをほぐす。

またリラックスは大事だが単なる脱力、緩め過ぎはダメでそれは自分を弱くしているだけ。
すぐに攻撃に対処できるだけの最低限の緊張(加減が難しいです)が必要。

特に関節まわりの緩め過ぎは、関節のケガにつながるとのこと。



自己観照です!

日曜日に参加した アレクサンダーテクニークと 同じです。


建設的に意識を用いて自己管理し自律する!!


全て繋がり 基本は一緒です!!

posted by merikuson at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ